2010年 04月 22日

障害者自立支援法訴訟13例目の和解 大阪地裁(産経新聞)

 国と原告側が終結に合意していた障害者自立支援法をめぐる違憲訴訟のうち、大阪府の男女11人の障害者が国に負担の免除などを求めた訴訟の口頭弁論が20日、大阪地裁(吉田徹裁判長)であり、和解が成立した。

 さいたま、奈良、旭川各地裁などに続き13例目。弁護団によると、21日に東京地裁でも和解が成立する見込みで、全国の訴訟が終結するという。

【関連記事】
新制度「障害者に思いを」自立支援法訴訟で原告側が違憲陳述
【施政方針演説】人のいのちを守るため「いのちを守る予算…」
初の点字訴状、受け取りへ 全盲女性に名古屋地裁伝える
障害者自立支援法廃止へ 長妻厚労相、新制度の設計着手
政権交代でどうなる? 障害者自立支援法 新法に衣替えへ

覆面パト事故、出動のきっかけは拉致虚偽通報「彼の気を引きたくて」(産経新聞)
「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視−時事世論調査(時事通信)
パトカー追跡のバイク、列車と衝突=けが人なし、男2人が放置して逃走−三重(時事通信)
<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が復旧(産経新聞)
[PR]

by augbu08kwq | 2010-04-22 00:36


<< 橋下“維新の会”初陣 大阪市議...      有床診入基料の施設基準に係る届... >>