2010年 04月 13日

<1歳児死亡>両親逮捕 揺さぶり死の可能性 大阪府警(毎日新聞)

 大阪府寝屋川市で今年1月、重体の女児(当時1歳)が病院に運ばれ、その後、死亡した事件で、大阪府警は9日、父親の岸本憲(あきら)(26)と母親の美杏(みき)(27)両容疑者=大阪市生野区巽北1=を、傷害致死の疑いで逮捕した。女児は、体を強く揺さぶられて脳が損傷する「乳幼児揺さぶられ症候群」(SBS)で死亡した可能性が高いほか、全身を負傷しており、府警は日常的な虐待があったとみて追及する。

 捜査1課によると、2人とも容疑を否認し、憲容疑者は「これまで、しつけで50〜100回ぐらい平手で頭をたたいたことはあるが、死亡とは関係ない」と話している。

 逮捕容疑は1月26〜27日、寝屋川市高柳の自宅マンション(当時)で、三女瑠奈(るな)ちゃんに暴行、入院中の3月7日、急性硬膜下血腫で死亡させた、としている。瑠奈ちゃんはあごを骨折し、顔や体にあざがあり、体重は同年代平均の半分の約6キロだった。美杏容疑者は瑠奈ちゃんに、一度も健診を受けさせず、市の受診指導も拒んでいた。

 瑠奈ちゃんは両親、姉2人(5歳と3歳)、妹(9カ月)の6人暮らし。1月27日朝、憲容疑者が「1歳の娘が目を覚まさない」と119番通報した。【近藤大介、向畑泰司】

<麻薬取締法違反>MDMA密輸で米海兵隊員を書類送検(毎日新聞)
男児保護に協力の男性に感謝状(産経新聞)
スーダンに陸自ヘリ 政府、派遣を検討 PKOで初 (産経新聞)
休校・学級閉鎖がゼロ=新型インフル流行後初−厚労省(時事通信)
線路に砂袋 特急が停止 東海道線(産経新聞)
[PR]

by augbu08kwq | 2010-04-13 02:10


<< 有床診入基料の施設基準に係る届...      「自立、自律、自浄」を−国立が... >>