秘書の鉄則

t4p3vc10.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 02日

「第2波も気をつけて」首相、津波の恐ろしさ訴え(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は28日午後、チリ中部で発生した巨大地震による日本への津波に関し、「第1波が過ぎ去ったから安心だという楽観はできない。津波はそういう恐ろしいものだと思っている。国民の皆さんにはそのことを徹底する必要がある」と述べ、警戒を呼びかけた。首相官邸で記者団に語った。

 首相はこれに先立つ同日午後1時15分、「住民の被害を最小にするため、避難に万全を期し、引き続き沿岸住民への情報提供を適切に行うなど関係省庁が一体となって対応すること」と指示した。

【関連記事】
ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」 岩手・大船渡
大津波警報で東名高速、アクアライン一部通行止め
ハワイ沖で実習の「宮城丸」無事 訓練中に津波観測
沿岸部の鉄道各線、運転見合わせ相次ぐ 大津波警報受け
地形によって予測より高い波も 気象庁HPに津波情報

鉄骨飲料
<福知山線脱線事故>検察審査会、遺族から意見聴取(毎日新聞)
審議拒否で執行部批判=舛添氏(時事通信)
<警察庁>国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化(毎日新聞)
【東京マラソン2010】30年…届いた初恋ラン 74歳、婦“走”夫随(産経新聞)
[PR]

by augbu08kwq | 2010-03-02 06:27


<< 大津波警報 第2〜3波で1m急...      <五輪スノーボード>神戸に恩返... >>